Dr.ミュウの木曜日歯科教室⑫

新元号を迎えて

平成から令和に変わりましたね。

禁煙のお話

禁煙と歯科のお話の続きをします。
タバコ成分の影響で、歯肉血管の障害や免疫機能の低下、歯周ポケット内での嫌気性菌の増殖等が起こるため歯周病が進みます。数年間喫煙すると、歯肉の表面は光沢を放ち、繊維性に肥厚して硬くなります。しかしブラッシング時に出血がほとんどないため、気づかないうちに重症化する事が多いです。
禁煙約1年後には、このように肥厚していた繊維性の歯肉の形態がより正常に近づき、歯周病は安定した状態になります。ほとんどの患者さんではアタッチメントロスは停止するか、緩やかになります。また禁煙によって歯周病の治療効果が高まることもわかっています。

コーヒーブレイク

さてゴールデンウィークが終わり、仕事再開に疲れは溜まっていませんか?
そんな時には「アーモンド&イワシ」で乗り切りましょう。
イワシに含まれる不飽和脂肪酸(EPA、DHA)とアーモンドに含まれるオレイン酸、リノール酸はいずれも悪玉コレステロールを除去し、動脈硬化や高脂血症予防に働きます。
またアルコール分解能も高く、二日酔い対策にもなります(アーモンド○ィッシュは酒のおつまみに最適)。イワシはカルシウム豊富であり、骨粗鬆症予防効果もあります!!

関連記事

  1. Dr.ミュウの木曜日歯科教室⑮

  2. Dr.ミュウの木曜日歯科教室① 歯肉マッサージ効果

  3. Dr.ミュウの木曜日歯科教室⑨ 公衆で気をつけたい口臭

  4. Dr.ミュウの木曜日歯科教室② ブラッシング時間

  5. Dr.ミュウの木曜日歯科教室18

  6. Dr.ミュウの木曜日歯科教室⑪ 歯周病と喫煙

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)