Dr.ミュウの木曜日歯科教室② ブラッシング時間

今日は何の日?

こんにちは!! 岡山にあります「花みずき歯科 法界院」院長のDrミュウです。
先日の祝日は久しぶりに岡山市内でも雪が積もりました。寒い日がまだまだ続きそうですが、栄養をしっかり摂取してがんばっていきましょう。

さて今日は「バレンタインデー」とのこと。仕事終わりに当院のスタッフからチョコレートをもらいました。

大切にいただきます。

ブラッシングの適正時間

さてさて今日はチョコレートの飛び交う日?なので、摂取後に磨き残しが無いように気をつけたいですね。
28本の永久歯(親知らずは除く)を少しずつずらしながら2本ずつ丁寧に磨いていくと仮定した場合、30秒ずつ磨けば、完了まで14分かかります。一般的に2~3分のブラッシング時間が推奨されていることを考えると少し長いですね・・・。
では、毎回長時間かけてブラッシングをしなければ・・・と思われますが、バイオフィルム(磨き残し、プラーク)は1日1回完全に除去すれば、次に初期定着菌が定着するまで1日程度かかります。この初期定着菌を放置していると前回のクイズにありました「嫌気性の菌が増えてきて、歯周病の悪化につながります。そのため1日のうちでしっかりとブラッシングに時間をかける習慣を身に着けて頂ければと思います。
虫歯予防のためには「フッ化物配合歯磨剤」を使用したブラッシングが推奨されます。ある研究では「フッ化物配合歯磨剤」では30~180秒の間はブラッシング時間に比例して口腔内のフッ化物量が増加し、その後1時間程度はフッ化物濃度が高い状態が維持されるとの報告があります。特に「歯と歯の間」が虫歯になるケースがよくみられるため、当院では「3分間フッ化物配合の歯磨き粉を使用し、追加で歯間ブラシやデンタルフロスを使用しましょう」と指導しています。

コーヒーブレイク

乾燥、寒さ、忙しい、、、、と年度末も迫る今日この頃。ストレスがたまり、お酒の飲みすぎて寝つきが悪く、肌荒れになっていませんか?

柿に含まれるタンニン(渋みの元)がアルコール分解し、カリウムによる利尿作用により体外排出も早く、二日酔い防止に最適です(肝臓への負担が少ない)。
「干し柿」にもタンニンが含まれるため、同様の効果が期待できる。
抗酸化作用により血圧安定や疲労回復にも役立ちます。また柿はビタミンCも豊富であり、アンチエイジング・美肌効果も高い!!ストレスを感じた時(ヒアリとした時)に作られる抗ストレスホルモン(コルチゾール)の合成にビタミンCは大量に消費されます(忙しいこの時期に最適?)。

注意)
 タンニンは鉄の吸収阻害があるため、貧血時や胃腸の調子が
優れない時には食べ過ぎないようにしましょう。

では次回は2月21日です。

関連記事

  1. Dr.ミュウの木曜日歯科教室⑤ プラスな洗口液

  2. Dr.ミュウの木曜日歯科教室⑨ 公衆で気をつけたい口臭

  3. Dr.ミュウの木曜日歯科教室⑫

  4. Dr.ミュウの木曜日歯科教室18

  5. Drミュウの木曜日歯科教室17

  6. Dr.ミュウの木曜日歯科教室19

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)