Drミュウの木曜日歯科教室16

お口のケアと栄養

最近院内です使用する患者さん向けの資料改訂をしとります。
専門的かつ分かりやすくしていきます。

歯周病は歯を失う原因としても知られている病気です。高齢者のお口のケアで、むし歯以上に注意が必要です。次の症状は歯周病のサインです。当てはまるものがあったら、なるべく早く歯科医師に相談しましょう。
1.歯肉が赤や紫になっている。
2.歯みがきなどで歯肉から出血しやすい。
3.歯と歯の間の歯肉が丸く腫れている。
4.歯と歯の間の歯肉がやせて隙間ができている。
5.歯が揺れるようになった。
6.歯が伸びてきたように見える

また、食習慣も歯周病に大きな原因になります。歯周病は歯肉を構成するコラーゲン線維が破壊された状態ですが、ビタミンCにはコラーゲン線維の再生を促し、歯肉を健康に保つ働きがあります。また、骨の形成を促すビタミンDやカルシウムは、丈夫な歯を維持する効果が期待できます。一方、糖質と脂質は歯周病を進行させるというデータもありますので、摂り過ぎには注意しましょう。

関連記事

  1. Dr.ミュウの木曜日歯科教室⑫

  2. Dr.ミュウの木曜日歯科教室⑥歯の着色

  3. Dr.ミュウの木曜日歯科教室④ 研磨剤は悪者か?

  4. Dr.ミュウの木曜日歯科教室⑤ プラスな洗口液

  5. Dr.ミュウの木曜日歯科教室② ブラッシング時間

  6. Dr.ミュウの木曜日歯科教室⑨ 公衆で気をつけたい口臭

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)