花みずき歯科法界院

珍しい名字の先生

こんにちは!!花みずき歯科 法界院 院長の細坪と申します。
当院は5月に開院し、今月で4ヶ月目に突入しました。まだまだ生まれて間もない医院で悪戦苦闘の中、治療後の患者さまの笑顔を見る度に元気をもらっています。

私は昨年度まで大学病院や外勤、訪問診療、研究、専門学校の講師業務等を経験して参りました。研究は「口腔機能と食塊」をテーマに、朝~夜を駆け回り、研究資材作製・論文を書く毎日でした。認定医資格を取得し、大学院修了し、今年度から花みずきグループの一員となりました。

・・・と私の自己紹介ばかりを並べると、文章が暑苦しくなりますね(汗)。

酷暑の日本列島

今年は日本全国非常に暑い日が続いていますね。
皆さんは夏バテしていませんか?
夏バテになると、心身の調子の崩れにつながってきます。

心身共に健康であるためには、肉体(身体)の健康が大事!!

私は夏バテ防止のため、2年前から仕事前後でヨガをしています。
昔知人の誘いで始めましたが、ヨガの効果・身体の変化に興味が出て、知人以上にのめりこんでいます(笑)

*イラストはイメージです。

そして大学でテニスをしていた頃から毎年作っています自家製「蜂蜜漬けレモン」!!
レモンのクエン酸は、新陳代謝を活発にしてくれ、それにより疲れた体を癒す働きがあるので、疲労回復に効果的。またレモンの持つファイトケミカルには消臭作用もあり、口臭予防にも効果が期待できますね。

あとはいつまでも若々しく(?)を目指して、「タマネギ」!!

タマネギにはポリフェノールの一種「ケルセチン」が豊富に含まれています。ケルセチンを1ヶ月間摂取すると血管年齢が10~20歳若返るという研究報告があります(ケルセチンは抗酸化作用があり活性酸素の働きを抑えることで一酸化窒素の働きが戻り血管がしなやかになるため)。またタマネギの皮をむいて日光に1週間当てると、ケルセチンの量タマネギ1kgあたり、40mgから140mgに増加するため、効果アップが期待できます(先日ベランダで天日干していたタマネギがカラスに持ってかれました・・・・涙)。注意としては、ケルセチン摂取量が1日700mg以上だと腎障害を招く可能性があります。

運動・食事をしっかりと行い、夏バテ防止に繋げていきましょう。

・・・・さてさて歯科医師として、歯科の話を戻します。

食事と歯科は大きく結びつきがあります。
「虫歯、歯周病、治療が必要な歯をほったらかしていることは、食べる機能を奪ってしまいかねない」ということです。そのため当院は、患者さまの大切な歯を守ることに力を入れています。
「おいしく食べられること」は、心身の健康にとってとても大切なことであります。歯科治療を通じて患者さまの幸福な生活に、少しでも貢献できたら幸いであります。

関連記事

  1. 花みずきデンタルオフィス二軒屋

  2. 宇野先生の想い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)