宇野先生の想い

平成生まれのドクター

みなさんこんにちは、花みずき歯科下助任で診療をしている歯科医師の宇野といいます。
現在、私は芯聖会のドクター陣では一番の若手ということもあり、先輩ドクター達に少しでも追いつくため、そして患者さんに良い治療を提供できるよう診療の合間や診療が終わった後の時間を使って練習をおこない、技術向上を目指しています。
模型で歯を削る練習、根の治療の練習など様々な練習がありますが、中でも特に仮歯を作る練習にハマっています。
仮歯は型取りしてから被せが出来上がる間(1週間程度)患者さんにつけてもらうので少しでも見た目の良い歯にするため、どうやったら“歯”っぽくなるか試行錯誤しながら作っています。しかしこの“歯っぽい”というのがすごく難しいのです!ただの白いプラスチックの塊を彫刻のように削っていくとある瞬間から歯に見えてくるのですが、このただの白いプラスチックから歯へと視覚的に変わる境界線とは一体なんなのだろうか、私達人間は何を基準に歯を“歯”と認識しているのだろうか、今自分が何をしたから、どういう形にしたから歯に見えるようになったのかとか色々考えこんでしまいます。そういう過程を経て、今までなんとなくやってきたことやふわっとした感覚的なものがきちんと言語化されて自分の言葉で説明できるようになり、学生時代に教科書で読んだだけの知識が実体験とリンクするので、自分は今この瞬間にすごく上達しているのだなという気分になりとても楽しくなります。

あと自分のこだわりとしてはなるべくそういった過程で得られた知識や情報を患者さんとしっかり共有しながら治療を進めていきたいなと考えています。なぜかというと、例えば自分では改心の出来の仮歯を作れたと思った時にも患者さんからの反応が薄いときが結構あります。これは自分の知っている“歯”と患者さんの知っている“歯”に差があるからなんだなと思います。従来の歯科はお口の健康状態をよくするため、治療を受けるだけに受診する人が多かったと思います。でもせっかく忙しい時間の合間を縫って、頑張って治療にきていただいているのでもっともっと歯について知って欲しいと思いますし、自分なりのこだわりも持って欲しい、そうすることで自分のお口・歯のことが好きになれると思います。このように高い技術だけでなく学びも提供できるような治療を目指して日々精進していきたいと思いますのでよろしくお願い致します。

関連記事

  1. 花みずきデンタルオフィス二軒屋

  2. 花みずき歯科法界院

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)